設備・機材紹介

当院では、レントゲン・口腔内カメラを使って、口腔内の問題点を知っていただき、共有することで解決していきます。

歯科CT・デジタルレントゲン

歯科CT・デジタルレントゲンは従来のレントゲンに比べると放射線の被ばく量1/2~1/5程度で済むようになり、特に女性やお子様に安心して撮影していただけます。
さらにX線防護エプロンを用いることでより安全に人体に優しく、X線被ばくの不安を取り除くことができます。
画像を現像するのではなく、コンピューターで読み取って処理するため、撮った画像をすぐ診療室モニターで見ていただけ、インフォームドコンセントにも大いに役立ちます。
そして、現像・定着にもちいる薬剤は不要なため、環境にも優しいのです。
デジタルパノラマレントゲン(お口全体を撮るレントゲン)は、立体的な口の状態を平面的に映すものですが、それに比べCTは歯や骨の状態を立体的に撮ることができるため、口腔内の状態を正確に詳細に診断することができ、より高度な治療が可能になります。

  • 歯科CT

  • IP・IPスキャナ

  • X線防護エプロン

口腔内カメラ

「今、どこの歯の説明をしているのだろう?」「どんな状態になってるのだろう?」「治療後はどうなったのか?」……
口腔内カメラを使うことで、そんな疑問を解決します。
お口や歯の状態を口腔内カメラで撮影することで、一緒に目で見て納得していただけます。

ダイアグノデント

歯にレーザー光を当てることで虫歯を発見する機械です。 早期に虫歯を発見して治療することで、治療する際に歯を削る量を最小限に抑えることが可能です。
また定期的に来院されている人は、すぐに治療するのではなく経過観察をしていくことも可能なことがあります。
早期発見、早期治療の切り札です。

探針による触診を行う場合

探針による触診を行う場合、通常しずく形状の裂溝の探査は困難。
また、歯面を破壊し、再石灰化を妨げる可能性が高いといわれています。

ダイアグノデントの場合

レーザー光線が極小の到達経路を通って反射するため、裂溝域でも正確な蛍光測定が可能。
もちろん歯面は痛めません。

痛みを和らげる麻酔

表面に麻酔をしてから、ごく細の注射針(現在、発売されている一番細い注射針です)をもちいる麻酔をするため、針を刺すときの“痛み”を和らげます。
また電動の麻酔器を使用することにより、ゆっくりと同じスピードで麻酔液を注入していくことで、さらに麻酔への不安が軽減すると思います。

滅菌機器

患者さまに使った器具は、感染対策のために1回1回、この機械で滅菌し、ウイルス感染、細菌感染から守ります。

ディスポーザブル備品

当院では、うがい用コップ、エプロンなどはディスポーザブル(使い捨て)で、より清潔に安心して治療をしていただけるようにしています。

空気清浄機

歯科医院の匂いが嫌いという方がいらっしゃいます。
当院の空気清浄機は、アンティバック2kのマジックボール。
ソリューションを入れることで、空気中に浮遊する細菌、悪臭のもとなどをカプセルに封じ込め消滅させ空気をきれいにできることが証明されているそうです。
そして、ソリューションにはいろんな香りがあり、空気清浄しながら、歯科医院独特の匂いをなくし、心地のいい空間作りをしています。

シーリングファン(2F)

空気を循環させ心地いい空間を演出させています。

アロマディフューザーとアロマオイル

業務用のアロマディフューザーで大量のアロマオイルを霧状に噴霧しています。オイルは生活の木さんのものを使用しています。